スガマ君の筋トレとリアルと二次元

筋トレ大好き!!! アニメ大好き!!! リアルは嫌い!!! そんな方向けなブログです

【野球】圧倒的な軍資金

はい。こんばんは。


巨人がまた強くなりそうです。
お金のある球団は違いますね

巨人の清武英利球団代表(60)がゼネラルマネジャー(GM)を兼務する人事が7日、読売新聞グループの株主総会で正式承認され、同日付で発令された。

 巨人史上初めて新設されたGM職を兼ねることで、編成部門の責任者としての立場がより明確になった同代表は、東京・大手町の球団事務所で会見し、常勝チームへのマニュアル整備と完成を打ち出した。

 「10年先、5年先、あす引き継いでもきちんとしたチームができるようなそういうマニュアル、メソッドを確立したい。(完成のメドは)1、2年でしょうね」

 理想のチームを「勝つチームではなくて連覇するチーム」と常勝軍団と位置づけた同代表が早急に着手するのが、チームづくりのスカウティング、育成、外国人補強などのシステム、マニュアル化だ。まず、スカウティングではスピードを持った選手の獲得。今季から導入された低反発で飛ばないとされる統一球対策も視野に、長距離砲からのシフトチェンジを打ち出し「大田にしてもそうだし、坂本、藤村にしてもそう。(シーズン)20盗塁、30盗塁できるような選手を常に2、3人(ラインアップに)そろえたいという気持ち」と説明した


最近の巨人は若手を起用しているのが目立つ。
若い選手がもっと育てば、今後も楽しみになるってもんです


関連記事

セクロス 動画
夜這い 動画
黒ギャル 動画
中村綾乃 動画
秋山祥子 動画
JK 動画

けっこう高い

はい。どうも。


気になるニュースです。

世界で最も高い634メートルの自立式電波塔、東京スカイツリー(東京都墨田区)が来年5月22日に開業することが決まった。運営会社が7日発表した。付属の商業施設やオフィスビルも同じ日にオープンする。

 入場料は、高さ350メートルの第1展望台が大人(18歳以上)2千円、中高生1500円、小学生900円、幼児(4歳以上)600円。450メートルの第2展望台は追加料金として大人千円、中高生800円、小学生500円、幼児300円が必要。第2展望台まで行くと大人料金は3千円になる。

 展望台は午前8時から午後10時まで。開業から1カ月半は混雑が予想されるため、入場を完全予約制にする。予約は開業前に開設される専用ウェブサイトや団体予約センターで受け付ける。

 スカイツリーと併設する水族館やオフィス・商業ビルを合わせ、約3万7千平方メートルを「東京スカイツリータウン」と名付けた。飲食やファッションなど310のテナントが出店する。


展望台入場料は3000円はちょっと高すぎのような気がしますが(-"-)
だって東京タワー500円だか1000円だったような気がするので・・。



関連記事
月野りさ 動画

熟女とセクロス

キレイなお姉さんとセクロス

夜這い

セクロス トリプルエックス


アトピー専用スキンケア用品

はい。どうも。

アトピー性皮膚炎の患者さんのスキンケアにセラミドが有効だってことはご存知ですか?

そもそもセラミドとは、皮膚の細胞間脂質の事です。人間の肌の一番外側にある角質層は、角質細胞が何層にも積み重なってできています。その角質細胞の間をセラミド等の細胞間脂質という脂質が埋めているわけです。

この細胞間脂質、セラミドが、肌の水分が逃げるのを防止してくれて、皮膚の潤いが保たれているのです。しかし、アトピー患者の皮膚にはセラミドが普通の人より不足していることが分かっています。


普通の人より、肌のバリアが弱い為、乾燥したり、かゆみがでたりするようです。ですから、肌のバリアを高めるためにも、セラミドの補給が必要です。

最近では、あらゆる化粧品メーカーから、セラミド成分を主としたスキンケア用品がたくさんでています。セラミドが角質層の奥まで浸透するように、ナノ粒子化された保湿化粧品。これなら、長時間潤いをキープすることができそうですね。また、界面活性剤や保存料等無配合で低刺激など、肌に影響の強い成分は入っていない肌に優しい保湿化粧品もあります。肌が敏感だと、ひとつ化粧品を試すにも勇気がいりますよね。このようなものだと安心して使えそうですね。


セラミド補給のスキンケアを日常に使うことによって、肌のバリアを強くして、潤いのある肌を目指しましょう。冬の外気の乾燥、室内の冷暖房による乾燥、日焼けによる乾燥は、アトピー肌の人にとっては大敵です。セラミドスキンケアでうまくアトピー肌をコントロールしていけたらいいですね。

私が最近気になっているのが、
携帯マンガサイト携帯萌えゲーム
アイドルニュース動画 無料などです。

すぐに飽きると思うけどね
そんじゃ。